映画「ダークナイト」

ストーリー

マフィアに汚染されたゴッサム・シティに、さらなる怪人が現れた。その名は、ジョーカー(ヒース・レジャー)。父から虐待を受けた彼は、快楽性犯罪者だった。銀行を襲って大金を奪ったジョーカーに、ゴッサム・シティの巨大企業の社長であり、バットマンでもあるウェイン(クリスチャン・ベール)は、ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と協力して、マフィアによるマネー・ロンダリングを摘発していく。ウェインをサポートするのは、執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)とフォックス(モーガン・フリーマン)だった。そんなゴッサム・シティの新任検事ハービー(アーロン・エッカート)は、犯罪の撲滅と街の浄化を訴えて市民たちの支持を得ていく。ウェインとハービーは、検事補のレイチェル(マギー・ギレンホール)をめぐっての恋のライバルだが、お互いを認めあってもいた。一方、ジョーカーはマフィアのボスたちの会合に現れて、バットマンを倒すと豪語する。

監督 クリストファー・ノーラン

なんて重厚的な作品だろうか。

人間ドラマに重きを置いた結果、このような傑作が生まれる。

凄い、一分の隙も無い。

全く無駄のないエンタメ作品に仕上がっているため、鑑賞者はのめり込める。

混沌を表現するジョーカーVSバットマン

この二社の戦いの行方が十分見応えを感じられる。

本作には思い入れがある。

本作を劇場で鑑賞してから、アメコミに興味を持ったのだ。

だから、「ダークナイト」を見ていなければ、今現在の私が無かったと言える。

正に価値観を変えた一作だ。