ダメな自分という悦に入っている私がいた

今日は新月ですね。

この新月は浄化や整理といった断捨離に適した日のようで、新月を前に、昨日お皿を割ってしまった。先月に続いて3枚目。我ながらよく食器を壊すなぁと感心してしまったわ。これも片付けの一環だったということで理解することにする

そして、こちらのリプログ記事に激しく同意。

ほんとうにね、ダメな自分を数えることが得意すぎて、いい気分でいられる方の選択がなかなかできないわけですよ。ときどき気づくことはあっても、長年のクセで自分はダメ人間思考でダメになるように一生懸命努力しているの。

ダメになる努力ってなによ?って感じよね。よりよい方や気分のいい方に努力したらいいのに、ダメになる方が簡単だからそっちに流れていた私。ダサい、ダサすぎる。

繁栄の視点に気がついてそこからみればいいのに、周りのせい、天気のせい、体調のせいにして、すぐダメ人間方向に行こうとする。そのほうが楽ちんで、ダメ人間として悦に入っているほうが許されると思っているから!!!!私はダメ人間なんだからなにもできないのよという免罪符を、水戸黄門の印籠のごとく振りかざしていたってわけだね。サイアクすぎる。

なので、今の私になにができるかを真剣に考え中。

なにもないかもしれないけど、なにかできることはないか?

もしかしたら自分の中に宝物が埋まってたりしないか?

なにかおかしな視点になっていないか?

とにかく考えて疑って自分調整。今日の新月はそういう日なんだね。